小田原市長、箱根町長を訪問

9月7日、北原白秋・山田耕筰の研究家・竹村忠孝先生のご紹介で、小田原市の加藤憲一市長、箱根町の山口昇士町長を訪問し、童謡100年プロジェクトが実現を目指す「童謡の朝ドラ化」にご賛同いただきました。 
そして、小田原市の加藤憲一市長の日記(9/8)にて、童謡100年プロジェクトの活動を取り上げていただきました。

また、小田原市では、10月から夕方の防災無線で流れるチャイムが、北原白秋作詞の「ゆりかごのうた」に変わる予定だそうです。
北原白秋や山田耕筰にゆかりの深い小田原市・箱根町が、童謡を通じてますます発展するよう、童謡100年プロジェクトも関わってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 童謡百人一首 全国版 Amazonで販売開始!

  2. 6/30、7/1 イベント『みんなで遊ぼう! 童謡ひろば』を開催

  3. 日本童謡学会の設立、および「童謡百人一首」の記者発表会を開催

ランキング

ページ上部へ戻る