一般社団法人 三月のひまわりを後援いたします

2018年、童謡100年プロジェクトは一般社団法人 三月のひまわりの活動を後援いたします。
 
手刺繍アーティストとしても活躍中の代表理事・星野真弓さんは、東日本大震災後、宮城県石巻市に鎮魂の刺繍画を寄贈したことがきっかけで心の復興支援として活動が始まります。

全国各地で、朗読会や演奏会を通じ、「命の大切さ」「親子の絆」「親の愛」という大切なメッセージを伝えています。

星野真弓さんとお会いし、今後はますます童謡を取り入れていきたいとの言葉をいただきました。

次回の朗読会は、2018年1月20日(土)、野田市文化会館で開催するそうです。※入場無料。
入場券申し込み方法はPDFをご覧ください。なお、応募多数の場合は抽選となります。ご了承ください。

■一般社団法人 三月のひまわり
三月のひまわりは、東日本大震災で失われた多くの命を共にあるものとしてとらえ、命の 大切さを伝える絵本の朗読、音楽などの公演及びそれらの映像記録、配信、出版等の 事業をおこなっています。
http://3himawari.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 童謡100年特製 2018年卓上カレンダーのご案内

  2. 「ふるさとお国自慢フォトコンテスト」受賞作品決定!

  3. 隔週刊CDつきマガジン『こころに響く 日本の歌』のご案内(前編)

ランキング

ページ上部へ戻る