春休み 童謡百人一首大会 開催レポート

4月4日(水)、雑司が谷地域文化創造館にて開催した『春休み 童謡百人一首大会』のレポートです。

小さなお子さんからご年配の方まで、8チーム(1チーム3名)が参加し、トーナメント方式で進めました。

大澤よしこさん、和音さん親子が読み札を歌いながら進行し、参加者のほとんどが初体験の童謡百人一首でしたがすぐにコツを覚えて、白熱した戦いとなりました。

優勝したのは、埼玉県からお越しの三世代チーム。日本伝統文化協会提供の景品を贈呈しました。
 

第2部では、大澤ファミリー、すがも児童合唱団による童謡ミニコンサート&歌声広場を開催し、参加者全員で童謡を声高らかに歌い上げました。

今回、予想以上の盛り上がりに、スタッフ一同驚いております。同時に競技における課題や改善点も見えてまいりました。
今後も定期的に開催していく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 6月30日 日本童謡学会の設立に向けた記者発表会

  2. 春休み 童謡百人一首大会 開催レポート

  3. NHKを三度目の訪問 朝ドラ化を要望

ランキング

ページ上部へ戻る