NHK訪問 朝ドラ化の要望書を提出

2016年11月4日、NHKの制作局局長を訪問し、「童謡先駆者たちの愛と情熱の物語を朝ドラに!」の要望書を提出してまいりました。
同時に、皆様にご協力いただいた第一弾の署名用紙をご確認いただきました。

今回の訪問メンバーは、童謡100年プロジェクト代表・星、顧問の高橋育郎氏(日本童謡協会会員)、顧問の竹村忠孝氏(北原白秋研究家)、そして賛同者を代表して、音羽ゆりかご会会長の三代目 海沼実氏にもお立会いいただきました。

これまでおよそ100年歌い継がれてきた童謡文化の素晴らしさ、そして朝ドラ化が実現した場合の文化的意義についてもお伝えできたと思います。

今後とも皆様のご協力をいただきながら、実現に向けて進んでまいります。
署名用紙、資料、郵送先はこちらです。
何卒よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 童謡100年忘年会パーティを開催

  2. 童謡100年特製 2018年卓上カレンダーのご案内

  3. 「ふるさとお国自慢フォトコンテスト」受賞作品決定!

ランキング

ページ上部へ戻る