童謡百人一首カンファレンス in 小田原 開催

『童謡百人一首カンファレンス in 小田原』を開催
3月25日、小田原の生涯学習センターけやきにて、『童謡百人一首カンファレンス in 小田原』を開催しました。
北原白秋ゆかりの小田原で本イベントを開催できたのは、関係者の皆様のおかげです。ありがとうございます。

地元小田原や東京などからおよそ35名が参加、童謡百人一首のサンプルカードを見ながら、遊び方や地域活性化の展開方法などを説明しました。
今回制作中の童謡百人一首は、箱根・小田原版ということで、1/3が箱根・小田原ゆかりの曲になっています。
選曲をお願いした竹村忠孝氏(北原白秋研究家)にポイントを解説していただきました。
参加者の皆様は、どの曲が入っているのか、とても興味を持っていたようです。

そして、童謡百人一首のイラストレーションを担当している藤田晴子さん(アーティスト・イラストレーター)が、制作秘話を披露。温かくて可愛らしいイラストは、会場でも好評でした。

また、童謡歌手の矢鳴優花さんをゲストに迎え、童謡百人一首の遊び方のデモンストレーションを行いました。
読み札に書かれた童謡の一番の歌詞を歌い、参加者が取り札を取る、というイメージをお伝えできたと思います。
さらに、矢鳴さんが童謡『かやの木山の』を歌い上げ、会場は拍手喝采。

終了後は、参加者同士の名刺交換会となりました。
参加者の皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 童謡100年忘年会パーティを開催

  2. 童謡100年特製 2018年卓上カレンダーのご案内

  3. 「ふるさとお国自慢フォトコンテスト」受賞作品決定!

ランキング

ページ上部へ戻る