隔週刊CDつきマガジン『こころに響く 日本の歌』のご案内(後編)

 隔週刊で好評発売中のCDつきマガジン『こころに響く 日本の歌』(小学館)。前編に続き、小学館の編集責任者・宮澤明洋氏(ライフスタイル局 書籍戦略室 編集長)に製作秘話を伺いました。


  
―各号で様々な方々のインタビューを楽しく読ませていただいています。6号における由紀さおり・安田祥子姉妹の特集では、長年童謡を歌っていらっしゃる歴史を知ることができました。
「由紀・安田姉妹のお二人に関して言えば、80年代に童謡CDを発売して以来、その後も長年コンサートを続けていらっしゃるのは、本当に素晴らしいことだと思います。インタビューでは、元々の楽譜を研究し、譜割なども含めて忠実に歌うことを心がけている、それが原点だとおっしゃっていました」

―その他、印象深いインタビューなどがあれば、ぜひお聞かせください。
「印象深い方々ばかりですが、たとえば、ダークダックスのゾウさん(遠山 一さん)から聞いたエピソードはすごかったです。学生時代にメンバー4人がこたつに入って歌の練習をした際、ハーモニーが完璧に決まると、まるで、こたつの上に大きなシャボン玉のようなものができて、その中に自分たちがいる、というイメージになるらしいんですよ。その感覚を一度味わってしまうと、このコーラスの世界から抜けられなくなるっておっしゃっていたのが、とても印象的でした」

―各号のCD収録曲の選曲やこだわりについて教えてください。
「まず季節感は大事ですね。季節ごとに、たとえば秋であれば『里の秋』『紅葉』といった軸になる曲を決めます。そして、その季節に聴いたらいいだろうなあという曲を、ある程度集めます。アーティストは、安田姉妹のような女性デュオ、コーラスグループ、クラシック系の男性、児童合唱団など多彩です。曲に関しては、ユニバーサル ミュージックの豊富な音源からセレクトし、バランスのいい選曲を心がけています。」

―全巻購入の特典は[聴き比べ 日本の歌]CDという面白い企画ですね。
「企画当初、たとえば、『小さい秋みつけた』という曲を収録するにあたり、誰の楽曲を使うかをユニバーサル ミュージックの音源を全部聴いて考えました。すると、同じ楽曲でもアーティストによってイメージがかなり違っていて、それぞれに魅力があることがわかったんです。せっかくなら、同じ曲でいろいろな人の楽曲を並べると聴き比べができて面白いよね、という話になって、こういう特典CDを作ることになりました」

―自分から積極的に収集しなければ、なかなか聴き比べはできないですよね。そういう意味でも、この特典CDは貴重だと思います。ちなみに、今からでも全巻を揃えることはできるのでしょうか。
「もちろん、全巻ご購入いただけます。書店やインターネット、電話などでご注文可能です。毎号購入する方が多いのですが、ご自身の好きな曲や好きなアーティストの号だけ購入する方もいらっしゃいます。意外だったのが、シニア層にあたるご自身の両親や祖父母に、ギフトとして全巻予約して送ってあげるというケースも多く、とても喜ばれるそうです」

―ぜひ多くの方々にこの『こころに響く 日本の歌』を楽しんでほしいと願います。貴重なお話をいただきまして、ありがとうございました。

■商品情報
隔週刊CDつきマガジン
『こころに響く 日本の歌』 [全25巻]
サライ責任編集
(小学館)
■CD=1枚・10曲入り・ブックレット4ページ
■マガジン=A4変型判・オールカラー・20ページ
■創刊記念特別価格463円+税 2巻以降価格1,100円+税

一流歌手の稀少音源を精選した永久保存版!
(坂本 九/由紀さおり・安田祥子/加藤登紀子/デューク・エイセス/ダークダックス/菅原洋一/森山良子 他)
一人でも、二人でも、みんなでも歌える全曲歌詞つき

<特典>
全巻購読お申し込みの方に[聴き比べ 日本の歌]CDをプレゼント!
「知床旅情」「夏の思い出」「椰子の実」「赤とんぼ」。
 本編とは違う別アーチストによる同名曲の聴き比べができる超レア盤のCDです!

http://www.shogakukan.co.jp/pr/nihonnouta/
書店でもお買い求めいただけます。
書店にない場合はコチラまで。0120-494-656(フリーダイヤル 受付時間:日祝休日を除く平日10:00〜19:00、土曜10:00〜17:00)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 童謡100年特製 2018年卓上カレンダーのご案内

  2. 「ふるさとお国自慢フォトコンテスト」受賞作品決定!

  3. 隔週刊CDつきマガジン『こころに響く 日本の歌』のご案内(前編)

ランキング

ページ上部へ戻る