野口雨情 没後70年①

「あの町この町」「青い眼の人形」「赤い靴」「兎のダンス」「黄金虫」「證城寺の狸囃子」「シャボン玉」「十五夜お月さん」「七つの子」他…
数々の童謡を生み出した童謡詩人、野口雨情。
2015年1月27日で没後70年を迎えます。

この機会に、改めて雨情の作品や軌跡に注目していきたいです。

今回は、長野県にある出版社「ほおずき書籍」が発売している関連作品を紹介します。

uzyokaruta『復刻 野口雨情の童謡かるた』
野口雨情/筆 岡本帰一/絵
定価 2,057円

昭和3年10月に発行された野口雨情の「童謡かるた」第三版を、できるだけ忠実に再現して復刻。取り札の絵は野口雨情と「金の船」の編集部で一緒に仕事をしてきた岡本帰一が描写、読み札は野口雨情の直筆を使用。
遊びながら日本語の語感やリズムを体得するのに最適の教材で、お子さん、ご年配まで世代を超えてひとつになって楽しめる「かるた」。家庭や地域に、そして学校で、それぞれの場で豊かな童心が育まれる格好の徳育素材。昭和のなつかしさがよみがえる。

 

•Ž†『お空の海へ 唄って味わう野口雨情の世界』
野口不二子/著 西條和子/監修 春日麻江/野菜染め和紙切り絵
定価 1,404円

だれもが知っている野口雨情の代表作15作品を、美しい切り絵とともに味わう一冊。詞・切り絵と、楽譜・解説の2部構成。全楽譜付き。
【掲載歌】兎のダンス/黄金虫/四丁目の犬/かもめ/雨降りお月さん/七つの子/あの町この町/證城寺の狸囃子/青い眼の人形/赤い靴/十五夜お月さん/シャボン玉/船頭小唄/波浮の港/磯原節

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. セミナー: 子孫が語る「本居長世と本居貴美子たち」(其の二)のご案内

  2. 【写真&楽譜集(CD入り)】四季の童謡 歌景色《秋》《冬》

  3. 大澤ファミリー、すがも児童合唱団 参加CD紹介

ランキング

ページ上部へ戻る